花粉シーズンに考える私的「ゆるグルテンフリー」生活

グルテンフリー ライフスタイル

物心ついたころから花粉症に悩む私が考えるグルテンとの付き合い方。

※筆者は例年花粉シーズン開始前から処方薬を服用しています。食事療法だけで症状を改善するお話ではありませんのでご理解ください。

私と花粉症

スギ花粉

例年正月(早いとクリスマス)くらいから感じる花粉症の症状。主にスギ花粉ヒノキ花粉です。

定番の鼻水・くしゃみ・目のかゆみが幼稚園ごろから始まった私の花粉症の症状は、もはや別の疾患では?というほどに症状のバリエーションがあります。

  • 顔面・頭皮のかゆみ(フケのように皮が落ちる)
  • ノドの不快感と連続する咳
  • 鼻づまりからくる不眠
  • 日中の眠気
  • 気分の落ち込み…

今では毎年花粉情報が出る時期になると、友人から「今年は大丈夫ですか?生きていますか?」と安否確認メールがくるほどに…

花粉症以外のアレルギーの影響

花粉症のイラスト

一番初めのきっかけは通っていた歯医者さん。

「花粉症つらいなら、今ある銀歯を樹脂に変えてみる?」と提案されました。

歯医者さんがいうには「花粉症が出ている時は他のアレルギー(金属や果物など)にも敏感になりやすい」とのこと。

そこで、金属製の銀歯を樹脂にしてみないか?という話だったようです。

確かに花粉症シーズンになると、いつもつけているネックレスかゆみを感じるなど心当たりがありました。

あくまでも一歯科医の意見ですが、私にとっては花粉症以外の他のアレルギーからの影響について考えるきっかけになりました。

なぜグルテンフリーなのか

うどんを食べるイラスト

まずグルテンとは、小麦粉の中のグルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が合わさってできるものです。

パン生地やうどん生地を作るときに出るあのもっちりとした粘りのもと。

そしてグルテンフリーとはそのグルテンが含まれているものを食べないということ。
主に小麦アレルギーがある方のライフスタイルになります。

またアレルギー症状だけではなく、グルテンが小腸の負担になりやすい消化をしにくい体質だと慢性的な不調の原因である可能性もあるようです。

私はもともとパスタやラーメンを食べると消化不良が起きやすい体質だったので、ものは試し!と一定期間のグルテンフリーを実践してみました。

完全なグルテンフリーはむずかしい

ピザ

とにかく始めは小麦食品を避けることから。

しかし慣れ親しんだ食事メニューにはほとんど小麦が使われています

パン、うどん、ハンバーガー、カレーのルー、シチュー、ラーメン、ピザ…

そこで私は「大部分が小麦」でできている食品をカットすることにしました。

例えばパンやうどんは誰がどうみても小麦が使われている食品ですよね。そういったわかりやすいものはカット

カレーのルーなどとろみ付けや風味づけに使われているものはOK(毎日は×)というゆるルールに。

ゆるグルテンフリーの結果

まず目に見えた結果としてお通じが安定しました。
え?花粉症は?と思いますよね。すみません、でも一番実感したのはお通じです。

便秘はなかったのですが、下してしまうことが多かったのが安定しました。

ということは、やはり私の体はグルテンの消化が苦手だったのでしょうか?

そして肝心の花粉症ですが、鼻詰まりとそこからくる不眠は解消されてきたように感じます。(ゆるグルテンフリー3週間経過の現在)

おそらくグルテンだけではなく、食事メニューやそれに伴って変わった栄養素の取り方も関係していると思います。

医学的な検査をしているわけではないのであくまでも個人的感想ということで…

ちなみに鼻詰まり以外の症状はまったく変化なし!

結局は腸内環境を整えること?

ヨーグルト

花粉症に効く!と流行ったり、または効果があると言われているものといえば、ヨーグルト、バナナ、乳酸菌、食物繊維が豊富な食品が多いですよね。

なんでも、腸内環境をよくすることでアレルギー物質(花粉)を腸から取り込まないようにブロックする働きを高めてくれるとか。

最近では花粉症対策を謳った乳酸菌タブレットも見かけます。

今回の私の場合は、花粉症のせいで他のアレルギー(今回で言うと小麦)が誘発されていたというより、もともと消化が不得意なグルテンが少量になったことで、以前よりも腸内環境がよくなった体調不良が軽減花粉症の一部症状が緩和?だと感じているのかもしれません。

今後のグルテンとの付き合い方

グルテンフリーのケーキ

今回の私的検証の結果をふまえて、とりあえず花粉シーズンの間は「ゆるグルテンフリー」を続けてみようかなと思います。

腸内環境が整うのは、花粉症だけでなく普段の体調の安定にも繋がりますからね。

あとどうしてもピザやラーメンが食べたくなるので、週1くらいはチートデイを設けようと思います!ストレスも体にはよくない!

それでもグルテンフリーがなかなか難しい方は、代替食品を使用するのも手だと思います。

例えば小麦の代わりに米粉を使ったものなど、「グルテンフリー食品」で検索すると美味しそうなものがたくさん出てきますよ。

無理なく自分の体と向き合って行くことが大切ですね。