磯遊びで紅水晶発見!|平磯中生代白亜紀層

紅水晶

茨城県の平磯海岸にある中生代白亜紀層付近で磯遊びとビーチコーミング。

11月中旬。干潮のピークごろ。

スポンサーリンク

中生代白亜紀層(平磯白亜紀層)

平磯漁港と磯崎漁港のちょうど間あたりに位置する中生代白亜紀層。

中生代白亜紀層
中生代白亜紀層

干潮になるとゴリゴリの洗濯板のような岩が出てきます。

岩が黒く濡れている部分は海の中に沈んでいた箇所。

中生代白亜紀層で磯遊び

潮溜まり
潮溜まり

まずは磯の潮溜まりで生き物探索。

イトマキヒトデ
イトマキヒトデ

前回拾ってからファンになったイトマキヒトデ。
ヒトデの恩返しを期待して、干潮で取り残された個体をせっせと海水に戻してあげます。

結構な数のイトマキヒトデを見つけることができました。

前回はこちら

イトマキヒトデ
砂糖入れで観察されるイトマキヒトデ

100円ショップで手に入れた透明度の高い調味料ケースで観察。

真ん中から出ているのは胃袋でしょうか。狭いケースで申し訳ない。

イトマキヒトデ
海に帰りたそうなヒトデ

観察を終えたらやさしく海へリリース。

ハゼの仲間
ハゼの仲間

アナハゼの仲間でしょうか。
知らない魚を見つけると魚類の図鑑も揃えたくなります。

スズメダイ
シマスズメダイの幼魚

なぜかトングでキャッチできた、おそらくシマスズメダイの幼魚。

幼魚はとてもかわいらしいのですが、成魚はなかなかパンチがあるので調べてみてください。

カニ
小さなカニ

目が離れていてかわいい。
カニ図鑑も欲しくなってしまいますね…。

ハゼ
ハゼの仲間たち

ハゼの仲間三人衆。

ハゼ
ハゼのお腹

小さくてもお腹には立派な吸盤がついています。

中生代白亜紀層の近くでビーチコーミング

海岸
砂利の海岸

磯遊びをしながらビーチコーミングもしたのですが、現場の写真を撮り忘れていました。

磯の横には石ばかりの砂利の海岸が広がっています。

そしてここでとんでもないものを見つけてしまうのです。

中生代白亜紀層付近で拾ったもの

中生代白亜紀層付近で拾ったもの
中生代白亜紀層付近で拾ったもの

少ないけれど個性的な面々。

そして一番驚いたのがこちら

紅水晶
5センチ程の紅水晶

ピカピカ艶々の紅水晶!!

白い石英があるなと思って拾い上げたものがまさかこんな大物だとは。

紅水晶
演出される紅水晶

興奮した我々に大袈裟に演出される紅水晶。

藻をぬぐった程度でほとんど汚れもありませんでした。

薄いピンク色と紫色のグラデーションが美しい。

瑪瑙
真ん中の抜けた瑪瑙

他の面々も個性的。
こちらは真ん中が抜けてしまった瑪瑙。縞模様がくっきり。

マーブル柄の石
マーブル柄の石

コーヒー牛乳飴と名付けられたマーブル柄の石。

桃色の石
桃色の柄が入った石

白地に桃色の切り傷のような柄が入った石。

灰色の石ばかり見ていると、カラフルな石は輝いて見えてつい拾ってしまいます。

カケがなくて綺麗な巻貝。

レイシ・イボニシ
レイシかイボニシ?

図鑑で見たところレイシかイボニシかな?
種類を特定するのは、大人になってもワクワクします。

貝殻を調べるのに使用した本はこちら

シーグラス
ハート型のシーグラス

最後はハート型のシーグラス。

磯遊びもビーチコーミングも存分に楽しめた平磯白亜紀層でした。

どちらも楽しみたいのであれば、磯の出てくる干潮時に行かれることをおすすめします。

◎中生代白亜紀層付近では、化石と生き物を持ち帰ることは禁止されているようですのでご注意ください