堤防から降りられる浜全部に降りてみた|平磯海岸

平磯海岸

茨城県にある平磯海岸にて、堤防から降りられそうな浜全部へ降りてみました。

スポンサーリンク

平磯海岸全景

平磯海岸地図
平磯海岸地図

平磯海岸はこのようにとっても広いのですが、名前があって浜に入りやすいスポットもあれば、地図にない無名スポットもあります。

過去に記事にしている場所は、記事のリンクを貼っていくのでご参考にどうぞ。

平磯海水浴場

砂浜とくじらの大ちゃん
平磯海水浴場

こちらの平磯海水浴場はサラサラの砂でできている浜。

ビーチコーミングでの収穫はあまり期待できませんが、すぐ隣が漁港になっていて散歩に訪れる方が多くいました。憩いのビーチという感じです。

トイレもあるのでファミリーでの釣りにもおすすめです。

高磯

高磯の一部
高磯

大きな岩が鎮座する高磯。こちらは地図でも名前が出ています。

磯遊びや海水浴でも人気のようです。細かく砕けた貝殻でできた浜が特徴。

貝殻、シーグラス、シー陶器もあってビーチコーミング向き。

平磯海岸無名スポット①

無名スポット①
無名スポット①

高磯のすぐ北に位置します。

浜へ降りる階段
浜へ降りる階段

平磯海岸は歩道の堤防からこのような階段が伸びています。

無名スポット①
無名スポット①

テトラポットの途切れは狭め。足元は高磯の貝殻をもっと細かく砕いた感じに見えます。

波打ち際右
波打ち際右

波打ち際まで出て右側。浜が狭くて目立ったものは落ちていません。

波打ち際左
波打ち際左

左側はもっと狭い!海に入るとすぐ磯になっています。浅い磯が遠くまで続く。

ビーチコーミングより磯遊び向きかもしれません。

平磯海岸

平磯海岸地図
平磯海岸の名前があるスポット

Googleマップ上で平磯海岸の名前があてがわれているスポット。

平磯海岸
平磯海岸

こちらは広い砂浜なのでビーチコーミングにおすすめです。

こちらの回ではウニ殻、珊瑚、タカラガイをゲットしました。

平磯海岸無名スポット②

平磯海岸無名スポット②
平磯海岸無名スポット②

無名スポット再び。

階段側
階段側

奥に大きな流木があります。

平磯海岸無名スポット②
平磯海岸無名スポット②

階段を背にするともう浜がほとんどない!溢れ出る秘密基地感。

平磯海岸無名スポット②
平磯海岸無名スポット②

この狭さゆえかちょっとワクワクしますね。

階段奥
階段奥

階段の裏側は流木とテトラポットに行く手を阻まれます。

足元にちらほら貝殻はありますが、満潮時には浜が消失しそうです。

平磯海岸無名スポット③

平磯海岸無名スポット③
平磯海岸無名スポット③
上から見た平磯海岸無名スポット③
上から見た平磯海岸無名スポット③

岩場にたくさんの鴨とウミネコ。お互い付かず離れずの距離を保っています。

そしてここがとんでもなかった…。

途中で終わる階段
途中で終わる階段

なぜか途中で終わる階段と足元はもはや浅い海。浜などない。

終わる階段
終わる階段

写真だと伝わりづらいですが結構高さがあります。

156センチの私が下に降りたら、一段めが胸の高さでした。

大きな岩と砂浜
大きな岩と砂浜

階段に背を向けると結構ひろめの浜が!

ただ足元は完全に海です。長靴でなければ入れませんでした。

警戒する鳥
警戒する鳥

普段あまり人が来ないのでしょうか?鳥たちがあからさまに引いてこちらを見ています。

新鮮な海藻
新鮮な海藻

鳥たちの目当てはこの海藻なのか?フンもたくさん落ちています。

貝溜まり
貝溜まり

貝溜まりもありますが特別目新しいものはないかな?

このスポットは鳥に近づいて写真を撮りたい方などにはいいかもしれませんが、鳥のフンや死骸が落ちていたので、個人的には少し衛生面が気になります。

中生代白亜紀層

平磯海岸地図
地図の一番上にあるピン

現在(2021年末)道路工事中で無名スポット③から白亜紀層の間の海岸には入れませんでした。

中生代白亜紀層
中生代白亜紀層

白亜紀層といえばこのゴリゴリの磯と

海岸
白亜紀層付近

石でできた浜!

言わずもがな石拾いや鉱石探しにおすすめのスポットです。貝殻や陶器も拾えるオールマイティなビーチ。

潮が引いている時は磯の潮溜まりで色々な生き物が観察できます。

ただ濡れた岩は滑りやすいので安全面には気をつけてください。

中生代白亜紀層の回はこちら