【プレママ日記②・妊娠4週〜5週(2ヶ月)】初受診と早すぎる?つわりの気配

体調不良

超初期症状に振り回されたプレママ日記1はこちら

スポンサーリンク

検査薬後の初受診

超初期症状と検査薬の結果を見てついに初受診

いつものレディースクリニックではなく、近場で評判のいい産婦人科へ。

コロナ禍もあり、初めて行く病院事情もわからなかったので、事前に電話で検査薬で反応があったことを伝えてから受診しました。

ここで初めて知ったんですが、胎児の心拍が確認できるまでは産科ではなく婦人科扱いなんですね。(いつもの病院でもよかったか…)

経膣エコーで見てもらい、「子宮内膜は厚くなっていて妊娠していると思われるが、本体が確認できないのでまた1週間後に」という結果でした。

「生理周期から計算するともう見えているはずなんだけどねえ」という医師の言葉に不安を抱えながら病院を後にしました。

不安

ここで子宮外妊娠の可能性もあるということを聞いて1週間震えて過ごすことになります…。

子宮外妊娠については色々な記事を読みましたが、本当に怖いので心当たりがある方は早めの受診をおすすめします。

忍び寄るつわりの気配

オムライス

初受診から4日後、なんだか1日のうちで半分くらい車酔いのようなはっきりしない気持ち悪さが出てきました。

え、これつわり?早くない?
ドラマとかでつわりがきて病院行ったら「おめでとうございます、2ヶ月ですね」とか「3ヶ月ですね」とか結構経ってからなイメージなんですが。

つわり(?)の影響なのか、ケチャップが食べたくて仕方がない。酸味としょっぱさがこれこれって感じでほぼそのまま舐めていました。

無事に胎嚢を確認

コウノトリ

無事1週間を終え、2回目の受診でついに胎嚢が見えました。

ホッとして診察台の上で腰が抜けるという。

生理周期から計算して発育の遅れを心配していましたが、どうやらたまたま排卵日が1週間ほど遅れてやってきたようです。特に経過に問題はないとのこと。

これで無事妊娠成立か〜!と喜んでいましたが、心拍確認まで母子手帳はもらえないということ、その心拍確認までめちゃくちゃ時間がかかるということをこの時はまだ知る由もなく…。

この一連の流れを保健体育とかで教えてほしかったなと切実に思います

自分の体が未知の変化をしていっているのに情報が少なすぎて心配になるし、その情報も母子手帳もらいにいって一気に資料がやってくるという感じでその前までの期間が一番不安感が強かったです。

何はともあれ、子宮外妊娠の可能性が消えたことはうれしい!

タイトルとURLをコピーしました